夏の「強い紫外線」の対策「髪ケア」は当然する理由

夏の日照りがきつくて温度がガンガン上昇、毎日ニュースで流れてますよね!

日陰に入っても暑い! 車にのっても高温の車内にびっくり!

太陽を見るだけで紫外線のビームが見えるように気がしませんか?

そんな紫外線から守る方法や髪のケアの情報もお伝えします!!

■髪の表面温度が50度?!

毛髪のダメージは気になるものですがいろいろな要因があると思います。
日々の生活、ストレートアイロン、ヘアアイロン、縮毛矯正、ブリーチ、ヘアカラーなどいろいろありますが普段の生活の中でもダメージしやすい原因の要因が何個かあります。
1つの要因として紫外線もその一つです。
紫外線は一般的に夏に強いと言われています
毛髪に対してどういう作用するか紫外線は黒い髪の毛に集中しやすく特に夏の暑い時に温度の上昇と紫外線の量の上昇もダメージに深く関係してきます。
毛髪は黒色なので夏の強い紫外線などを吸収しやすく毛髪表面温度は50度以上になることもあります。
毛髪のダメージが進行するのもわかる気がします!

■紫外線は髪の内部まで進行?!

そして強い紫外線は表面だけではなく毛髪の内部まで浸透することがあります。
本来毛髪はキューティクルなどで守られていますがヘアカラーやヘアアイロンダメージキューティクルが剥がれていたしています。
そしてキューティクルの表面には油分が存在しておりキューティクルが剥がれてしまうと油分自体もキューティクルに存在しにくくなります。
毛髪の表面のキューティクルが剥がれ表面油分存在しなくなると紫外線から守ることができるのでしょうか?
それはかなり難しいことです!
表面の油分やキューティクルがない状態だと紫外線は毛髪の内部に浸透していきやすくなります。
毛髪の内部はタンパク質と水分で形成されており紫外線は毛髪内のタンパク質を破壊していきます。
その結果はどうなるか?

紫外線で破壊されたタンパク質は硬くなります。

普段毛先がパサパサで硬くなってしまったりしていませんか?
毛先が硬くなってしまうと枝毛ができたり毛髪にツヤがなくなったりしていきます。
日々これを繰り返していくと髪の毛がパサパサでブラッシングが通らなくなり無理矢理ブラッシングをしてしまうともっとダメージは悪化していくことになります。
紫外線から守るためには普段からどういう形をしたらいいのか?
紫外線は内部のタンパク質まで浸透しダメージを与えて硬くしてしまいます。
もちろん表面のキューティクル自体も紫外線によるダメージで乾燥しやすくなります。
あらかじめ外に出ると毛髪内の水分と油分が紫外線や気温の上昇によって蒸発してしまうと思って外出するようにしてください。

■外出前の髪の紫外線対策は当然するべき!

対策としては水分と油分を含んだアウトバストリートメントを外出まえに使用することをお勧めします。
アウトバストリートメントとはお風呂で使うトリートメントではなくお風呂上がりに使ったりする流さないタイプのトリートメントです。
水分と油分をたくさん含んでおりお出かけ前に使用しておくと毛髪内部に水分と油分が10分から1時間かけて浸透していきます。

例えで言うと暑い日にスポーツドリンクを先に飲んでから外出した方が脱水症状防げますよね?

そして日焼け止めをお肌に塗りますよね?
まぁそんなところだと思います。
あらかじめ水分と油分を補充した状態で外出すると毛髪のダメージも軽減することができます。
その後に毛髪専用の紫外線カット(UVクリーム)を使用するといいでしょう!
アウトバストリートメント水分と油分を補ったらUVクリームを表面を保護してあげる。
そうすると長時間、毛髪内部水分保湿されUV外部のキューティクル保護できます!
■京都の髪質改善&縮毛矯正ならCOCCOLO GROUP & EX-GRACE

髪質改善で年間5000名以上来店!

■COCCOLO HAIR ROOM【コッコロ ヘア ルーム】

京都市西京区桂西滝川町72 ☎075-381-6099

https://beauty.hotpepper.jp/slnH000231431/

■EX-GRACE 京都七条店【エクスグレイス ナナジョウ】

https://beauty.hotpepper.jp/slnH000240200/

京都下京区西酢屋町2番地 ☎075-353-3007

■EX-GRACE 京都伏見深草店【エクスグレイス フカクサ】

https://beauty.hotpepper.jp/slnH000123744/

京都市伏見区深草ヲカヤ町29 シャルネ深草1F ☎075-641-0099

投稿を作成しました 20

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る