絶対にもう失敗したくない!!痛まない縮毛矯正の方法!

縮毛矯正はよく髪の毛が痛むと言う人が多いのですが本当に毛髪のダメージ大きいのでしょうか?
ちゃんとしたケアをしている縮毛矯正はダメージがなりにくく髪の毛がどんどん綺麗になってきます。

美髪縮毛になるお手入れ方法などもしっかりお伝えしていきます。

 

■みんなが言う縮毛矯正は本当に痛むのか?

縮毛矯正をした人が毛先がパサパサなの『縮毛矯正って髪の毛が痛むよね』この間縮毛矯正をしたら前髪が縮れた!

縮毛矯正をしたのにすぐにくせ毛が出てきた!
その後髪の毛がパサパサで収まらない。

なぜ痛むのか?これを読み終わったらその理由が一発で解決するので読んでみて下さい!

■縮毛矯正のメカニズム

縮毛矯正は薬剤が2種類あります。

1つ目は1剤これは毛髪内のタンパク質を切る目的の薬剤です。
2つ目は2剤いちど毛髪のタンパク質を切断しストレートの状態にしてからそれを定着させる薬です。

縮毛矯正の流れは1剤で毛髪のタンパク質を切断します。
いちどその薬剤を流します。
その後に約180度のストレートアイロンで毛髪内のタンパク質をストレートの状態に矯正します。
そしてストレートの状態を固めて定着させるために2剤を使用します。
この一連の流れで縮毛矯正は完結します。

■縮毛矯正中にアナタの毛髪内はこんなことになっている!

先ほど説明した縮毛矯正剤の1剤はアルカリ性の特徴を持っています。
毛髪自体が弱酸性です。

この縮毛の1剤を毛髪につけるとどういう現象が起きるのでしょうか?

弱酸性の髪の毛にアルカリ性の薬剤がつくと髪の毛の表面にくっついているキューティクルが開き始めます。
キューティクルとはうろこ状のもので閉じているものなのですがアルカリ性が付着することによって開く作用があります。
キューティクルが開くと毛髪内のタンパク質にアルカリ性の薬剤が浸透していきます。
毛髪の中心にあるメデュラやコルテックス等の毛髪繊維を切断していきます。
そうすることによって毛髪内でくせ毛として結合していたタンパク質を解いていくのです。
次に180度の高温のアイロンで熱を加えていくのですが最も大切なのがアイロンをする前にしっかり1剤を流すと言う事です。
これは毛髪内にアルカリ性の成分が残留していると180度の高熱によって毛髪内のタンパク質を破壊してしまいます。
そのため1剤のアルカリ性をしっかり除去しそして弱酸性の状態になるように処理をすることが必要になります。
ストレートアイロンをして毛髪をまっすぐな状態にするのですが熱によってタンパク質をまっすぐな状態に固定していきます。
ストレートアイロンが終了すると2剤で毛髪内のタンパク質をストレートの状態に固定していきます。
この時に毛髪内に残っているアルカリ性の成分をゆっくり割しっかりと弱酸性に戻していくことが大切です。
縮毛矯正中は毛髪内はこういったことが起こっているのです!
では痛まない艶やかな縮毛矯正をする方法とは!

■艶やかな縮毛矯正をするために

痛まない縮毛矯正の仕方はいろいろな方法があるのですがまず先ほども話した弱酸性の髪の毛をどういった形でアルカリ性にもっていくかということが大切です。

つまり痛む縮毛矯正は弱酸性の髪の毛をいきなりアルカリ性にまで持っていってしまうと髪の毛のキューティクルがびっくりしてしまい膨潤しキューティクルが剥がれやすくなり縮毛矯正後のダメージにつながります。

まず縮毛矯正をいきなりアルカリ性に持っていかないために毛髪の内部に栄養をしっかり埋めていきます。
毛髪自体は水分と油分とタンパク質で構成されています。
縮毛矯正の薬剤をつける前にまずダメージ部分にタンパク質と油分をしっかりと入れて行きます。
日々の生活でのヘアアイロンの熱なのでキューティクルがめくれあがって髪の毛の内部のタンパク質が流出しがちになってしまっています。
痛んでいるダメージの毛髪は中が空洞化になっているためにスポンジのように縮毛矯正の薬剤を吸い込みやすい状態です。
そんなダメージ毛に何もヘアケアせずに直接縮毛矯正の薬剤をつけると毛髪内に一気にアルカリ性の薬剤が流れ込み弱酸性からアルカリ性に激変させてしまう結果、ダメージを拡大させてしまいます!!
なのでそれを防ぐために流出してしまった空洞化してスカスカになった毛髪内のタンパク質をしっかり埋めてあげそしてタンパク質が流出しないように油分の膜でコーティングしてあげることが大切です。
毛髪自体にタンパク質と油分と水分をたっぷりと与えてあげると縮毛矯正の薬剤を急激に吸収しない状態になります。
結果緩やかに縮毛矯正剤を吸収していくことにより弱酸性から緩やかにアルカリ性に毛髪内が傾いていきます。
しかも当店では根本の新しい毛髪の部分やすでに縮毛矯正をしている部分などによってアルカリ性や弱アルカリ性などの薬をつけ分けていくのでもっとダメージを軽減することができます。

■当グループの生コラーゲントリートメントで一段と縮毛矯正後のケアを高めていきます!

そして縮毛矯正後にはオリジナルのトリートメントをシャンプー台で施術させていただきます。

オリジナルトリートメントは当店で生コラーゲントリートメントといいます。
当グループのオリジナルトリートメントはコラーゲンも配合していることながら弱酸性に毛髪を傾けさせるためにキト酸という表面をコーティングするトリートメントを使用しています。

キト酸と言うだけに酸性なのでキューティクルを緩やかに引き締め生コラーゲンが髪の毛の内部と表面に潤いを与えてキューティクルがきめ細やかな帰る輝き誰もが羨む美髪になります。

【店舗紹介】

■京都の髪質改善&縮毛矯正ならCOCCOLO GUROUP & EX-GRACE

髪質改善で年間5000名以上来店!

■COCCOLO HAIR ROOM【コッコロ ヘア ルーム】

京都市西京区桂西滝川町72 ☎075-381-6099

 

 

https://beauty.hotpepper.jp/slnH000231431/

■EX-GRACE 京都七条店【エクスグレイス ナナジョウ】

https://beauty.hotpepper.jp/slnH000240200/

京都下京区西酢屋町2番地 ☎075-353-3007

 

■EX-GRACE 京都伏見深草店【エクスグレイス フカクサ】

https://beauty.hotpepper.jp/slnH000123744/

京都市伏見区深草ヲカヤ町29 シャルネ深草1F ☎075-641-0099

投稿を作成しました 20

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る