市販のカラー剤の危険性

 

こんにちはCOCCOLO GROUPです!

今回は誰しもが聞いた事のある市販カラー剤の危険性についてお話をしていこうと思います。

 

市販のカラー剤で染めるのは避けてください。

こんな事を美容師さんに言われたことはありませんか?

 

市販のカラー剤を使うとダメなんだ。

それは理解して頂いてる方が多いですが、何故ダメなのか、その理由について詳しく話していこうと思います。

市販のカラー剤が危険な理由

①ジアミンアレルギー

ジアミンアレルギーとはカラー剤に含まれるパラフェニレンジアミンという酸化染料が引き起こすアレルギーです。

このジアミン成分に関しては髪を明るくしたり髪の毛を染めるのには必要不可欠な物なのでもちろん、美容室で行うオシャレ染めや白髪染めの染料の中にも含まれています。

しかし、ココ最近ではアナフィラキシーショックを引き起こす原因とも言われております。

 

カラーをすることによってアレルギー反応が起きていた、起きている方、肌の弱い敏感な方などは特に気をつけましょう。

症状としては、頭皮がかゆくなる。頭皮が赤くなる。頭皮がピリピリするなどの症状がございます。

 

美容室のカラー剤ですら少しの危険性があるのに市販のカラー剤を使って家で染めるとなると、塗り方や強さなどが調節できないため、更にアレルギー反応が出る可能性が高まる為、なるべく家では染めずに美容室で染めることを推奨します。

 

美容師さんにカラーをしてもらう際は、肌が弱いかどうかしっかりと伝えた上でカラーをしてもらいましょう。

 

■京都の髪質改善&縮毛矯正ならCOCCOLO GUROUP & EX-GRACE

髪質改善で年間5000名

以上来店!

アナタにピッタリな美髪方法が見つかる!

【無料】【携帯専用】

自動ITカンセリングはコチラ

https://lpmuryo.coccolo-hairroom.com/
投稿を作成しました 7

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る