カラーのダメージって?

みなさんこんにちは。Coccolo Hair Roomです。
みなさんはよく、「カラーするとダメージに繋がる」と聞いたことありませんか?
でも、詳しいことは知らない人がほとんどだと思います。今日は、その、カラーのダメージについて詳しく説明していきたいと思います。
まず、ヘアカラーの仕組みについてです。
ヘアカラーは1剤と2剤という2つの薬剤を混ぜて使用することによって、行われています。1剤に含まれるアルカリ剤が髪の毛を膨張させ、髪の毛表面のキューティクルを開き、内部に浸透しやすい状態を作ります。
そして2剤が酸素を発生させ、髪の毛内部のメラニン色素を脱色すると同時に染料を発色させます。発色した染料は分子が互いに結びついて大きくなり、開いたキューティクルの隙間からでられなくなることで染料が定着します。ここまでが、ヘアカラーの仕組みです。
次はそれをするとなぜ傷むのか。です。
ヘアカラーは、薬剤を内部にしっかり浸透させる為に、アルカリ剤が毛髪表面のキューティクルを強制的に開く状態をつくります。
本来であれば、キューティクルは髪の毛の艶や、滑らかさを守る役割を果たしてくれるものなので、強制的に開いたりしてしまうと、やはり良くないですね。
さらに、薬剤は、毛髪の内部の構造の1つである「コルテックス」の中に侵入し、そこにあるメラニン色素を分解して色を定着させます。コルテックスは、髪の毛の強度を保つ役割をしてくれます。そのコルテックスの内部にまで影響を与えてしまうと、どうしてもダメージに繋がってしまうのです。
では、どうしたらカラーのダメージを防げるのかというと、やはり一番は、ヘアカラーをしない事です。しかしヘアカラーは今ではオシャレの一部と思っておられる女性も多いです。なので、髪の毛や頭皮の影響を考えて、染めすぎずに、2〜3ヶ月間隔で染めるようにしましょう。
また、美容室に行った時に、トリートメントも同時に行ったり、家でのセルフケアをしたりする事でダメージは軽減できます。
いつまでも綺麗な髪の毛を維持しましょう。

■京都の髪質改善&縮毛矯正ならCOCCOLO GUROUP & EX-GRACE

髪質改善で年間5000名以上来店!

■COCCOLO HAIR ROOM【コッコロ ヘア ルーム】

京都市西京区桂西滝川町72 ☎075-381-6099

https://beauty.hotpepper.jp/slnH000231431/

■EX-GRACE 京都七条店【エクスグレイス ナナジョウ】

https://beauty.hotpepper.jp/slnH000240200/

京都下京区西酢屋町2番地 ☎075-353-3007

■EX-GRACE 京都伏見深草店【エクスグレイス フカクサ】

https://beauty.hotpepper.jp/slnH000123744/

京都市伏見区深草ヲカヤ町29 シャルネ深草1F ☎075-641-0099

 

投稿を作成しました 7

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る