縮毛矯正をした後、途中で折れ曲がった場所がある!!

縮毛矯正でご来店された際に根本の癖が出ているのもそうなのですが以前、縮毛矯正を当てたところが途中で折って膨らんでいる状態でご来店される方がいらしゃいます。
その場所を私たちが『気になりませんか?』とお伺いすると気になると言う方が多いです。
縮毛矯正をしたのになぜストレートの途中で『くの字』に折れ曲がってしまうのでしょうか?

■理由は2つあります!

理由その1
1つ目の理由は薬剤の塗布のミスだと思われます。
一般的に縮毛矯正を当てた場所はストレートの状態で根元はうねった毛髪の状態の癖が出てきます。
根本の癖の場所に縮毛矯正剤の薬剤をつけていきます。
私たちは毛先のストレートになっている場所の境目の1センチオーバーラップした場所で薬剤の塗布を止めます。
そうすると根本のくせ毛の場所 既スレート部分がきれいにつなぎ合わさってストレートの仕上がりになります。
ここがポイントなのです!
根本の癖が出ていて以前縮毛矯正をした場所はストレートの状態この時に、先ほど私たちが話していた逆のことをしたらどうなるのでしょうか?

つまり先ほどは根本のくせ毛の場所とスレートの場所の境目1センチをオーバーラップするとお話ししていたのですが逆に1センチほど短く薬剤を塗布してしまったらどうなるのでしょうか?

根本くせ毛の場所とスレートの場所の境目の1cmマイナス残すと薬剤とストレートのつなぎ目に1cmほどの癖が残ります。
この現象がストレートとストレートの間に折れ曲がったような形が出てしまうのです。
理由その2
くせ毛の場所とストレートの場所の薬剤塗布の状態の時に折れ曲がった状態で薬剤塗布をしてしまうケース!
縮毛矯正の薬剤を塗布するのですが基本的に縮毛矯正の薬剤は以前縮毛矯正をした場所に薬剤が流れ落ちないように粘性が硬くなっています。
この薬剤の粘性が硬くなっていると言うことが失敗する原因の1つなのです。
粘性が硬くなっていると言う事は薬剤を塗布したときやクシを通したときに根本の癖の場所とストレートにすでになっている場所の境目に薬剤が滞留しやすくその時に髪の毛が折れ曲がってしまうことがあるのです。
その薬剤が折れ曲がっている状態で縮毛矯正の薬を何分も放置してしまうと折れ曲がった状態癖な状態の縮毛矯正になってしまいます。
特に薬剤がついた状態で折れ曲がってしまった失敗は修正がとてもしにくいです。
折れ曲がった状態で毛髪内に薬剤が浸透し、その状態でアイロンで熱をプレスしてしまうと『くの字』の状態で矯正してしまう状態になってしまいます。
その状態をいちど熱で矯正してしまうと断毛しまう恐れなどがあるので慎重に直していかないといけないケースが多いです。
その場合は1度で治すと言うよりも美容師さんに薬剤を調合してもらいながら数回かけて直していくと言う方針を立ててもらって修正していくことが大切だと思われます
■京都の髪質改善&縮毛矯正ならCOCCOLO GUROUP & EX-GRACE

髪質改善で年間5000名

以上来店!

アナタにピッタリな美髪方法が見つかる!

【無料】【携帯専用】

自動AIカンセリングはコチラ

https://lpmuryo.coccolo-hairroom.com/
投稿を作成しました 18

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る